icon

TEL:03-6277-1944(代表)
土日祝日除く(10:00~17:00)

システム開発の成功を後押しする
CGM JAPANの
ミャンマー
オフショア開発

システム開発のご相談・資料請求

CGM JAPANでは、システム開発においてオフショアでの受託開発・ラボ型開発をお任せいただくことで、
お客さまのパートナーとしてITによる課題解決を支援しています。

システム開発のこんなお悩みを抱えてはいませんか?

日本国内での優秀なエンジニアの確保が難しい開発コストを抑えながら納品クオリティが伴うのか不安
エンジニアと円滑なコミュニケーションがとれるか心配オフショア開発のコストが上がっているのでコストを抑えられるか疑問
人

オフショア開発のススメ


よくあるお悩みに対して、自社内でだけで解決を図るにも限界があります。
日本国内でシステム開発の外注先を探すも、開発費用が膨れ上がってしまうという声もよく伺います。
そこで随分前から注目されているのが「オフショア開発」。
海外にいる優秀なエンジニアに委託することで、リソースや技術不足を解消できるうえに、開発コストも抑えられるのはもちろん、さらに低コストで依頼ができるため、多数の技術者を一度に集中して投入も可能になり、開発期間も短縮できるのも魅力的なポイントです。

CGM JAPANの失敗しないオフショア開発


CGM JAPANは、日本のマーケティングサポート企業ー株式会社コプロシステムのグループ会社です。
そのため、お客さまのマーケティング戦略を深く理解し、それに基づいたUIデザインやシステム開発までをワンストップソリューションとして提供しており、高品質な成果物を短期間で納品できるというのがCGM JAPANのオフショア開発の最大の特徴です。

実際のプロジェクトは日本語が流暢なブリッジSEが対面にてヒアリングを実施し、適切な技術者をアサインしてチームを編成します。
そのブリッジSEが、現地の開発進捗や品質をこまかく確認しながら進め、弊社が定めた品質基準を満たしたものを納品。
納品後の運用やメンテナンスまで、システムライフサイクルの全てでサポートしています。

要件定義、開発
テスト、納品
保守・運用 保守・運用

システム開発に関するご相談や
資料請求はこちら

お問い合わせ

CGM JAPAN
オフショア開発が選ばれる
3つのポイント


1

マーケティングにおける成功を見据えたシステム開発

マーケティングサポート企業であるコプロシステムのSI部門と連携し、お客さまの課題を解決することができます。
マーケティング戦略のプランニングからはじめ、ITコンサルテーション、UIデザイン、システム開発、保守・運用と、単純な開発のアウトソーシングとしてではなく、ゴールを見据えたフレキシブルなシステム開発を得意としています。

2

安心のシステム開発体制と開発スキル

CGM JAPANでは、オフショアの受託開発も、ラボ型開発も対応しています。日本在住の日本語/ミャンマー語が堪能なブリッッジSEが要件定義から、スケジュール調整を行い、納品後の運用までフォローするチーム編成をします。必要に応じて日本人技術者とも連携しながら進行するため、満足度の高いものを納品させていただきます。
最新技術は常に習得しており、豊富な対応言語でお客さまのプロジェクトを後押しします。

▼対応言語
Java、PHP、C#、VB.Net、Javascript(JQuery、AngularJS)、C言語
▼対応プラットフォーム
オンプレミス環境、クラウド環境(AWS)
▼対応クライアント
Windows、iOS(iPhone、iPad)、Android
3

ミャンマーを拠点とした低コストでの開発

オフショア開発を選ぶ重要なポイントとしてコストを抑えられることがありますが、オフショア開発に代表されるインド・中国・ベトナムの人件費は経済拡大により高騰してきています。
CGM JAPANでは、ミャンマーを中心に現地の優秀な人材を雇用することはもちろん、日本で研修制度を設けて後進となる人材育成を行なっているため、将来的にも優秀な技術者を多数輩出することでコストを抑えたままの開発を可能としています。

グラフ

システム開発に関するご相談や資料請求はこちら

お問い合わせ

システム開発に関するご相談や
資料請求はこちら

お問い合わせ

お急ぎの方はお電話でも承っております。

TEL:03-6277-1944(代表)

受付時間10:00~17:00(土・日・祝日を除く)

TOP